ネットワークビジネス「ニュースキン」で200万円の借金を背負った話

スポンサードリンク







僕は20代の頃にネットワークビジネスにハマって200万円の借金を作った事があります。

 

今日はその辺りの話をしていこうかなと思います。

 

友達に誘われてネットワークビジネスに参加

 

 

始めたキッカケは友人からの誘い。

 

「めちゃくちゃ有益な情報がある」という胡散臭い誘いに当時とても信じやすい性格だった僕は、誘われるまま大阪のセミナー会場に連れていかれます。

 

会場には狭い空間に50名~ほどの人がごった返してました。

 

「会わせたい人がいる」と友人に紹介してもらった人はそこのチームのリーダー。

 

黙っていても圧倒される迫力があり、いかにも「成功者」という感じでした。

 

そしてセミナーがスタート。

 

「権利収入」「友達と一緒に成功できる」「お金も時間も手に入る」「おまけに健康と美容まで」

 

魅力的な言葉がたくさん出てきます。

 

セミナーが終わった後の僕は興奮してました。

 

「こんな魅力的な仕事があるのか」

 

僕は即座にOKを出してネットワークビジネスを開始します。

 

ネットワークビジネスって何するの?

 

ネットワークビジネスをあまり知らな人の為に。

 

① まず自社の製品を自分で試します。

 

ネットワークビジネスの商材はちょっと高いけど良い物が多い。

 

僕もビジネスはとうの昔に辞めましたが未だにニュースキンの製品は愛用してます。

 

② とても良い製品だとわかるので口コミで周りに伝える。

 

周りの人にも使って試してもらいます。

 

この売り上げの何%かがキャッシュバックとして受け取れます。

 

③ 同じビジネスをやる人間を増やす

 

これがメインのお仕事になります。

 

自分が誘った人間の売り上げの何%かがキャッシュバックとして貰えます。

 

この仕組みがねずみ講やら何やらで嫌われる原因なのですが、ほぼ全ての会社はこの図式が当てはまりますよね。

 

ネットワークビジネス=マルチを違法と思っている人も多いですが、仕組み自体は凄く全うなもの(僕はそう思ってます)なのです。

 

では、どこが問題なのか?

 

それは扱う人間側のやり方・モラルの問題です。

 

僕が借金200万円を作るまで

 

僕はこのビジネスで成功して時間もお金も手に入り、大好きな友達と一生楽しく暮らせると本気で信じてました。

 

僕がビジネスをスタートすると決めた時、最初に言われたのが

 

「じゃあまず製品を試そう。25万円分」

 

「え?25万円?」

 

このビジネスは最終的に商品を口コミで広めていくのが目的なので商品を試さないといけないのは理屈してわかる。

 

では25万円とは?

 

実はしっかりとした収入が入ってくる代理店になるには毎月25万円の売り上げをあげる必要があるのです。

 

それを初月は自分が購入して達成しよう。

 

そして毎月1人同じビジネスをやる仲間を増やす。

 

その仲間も同じように25万円分の商品を買う。

 

これを3か月繰り返せば代理店になれる。

 

というモノでした。

 

25万円は大金です。

 

一瞬ためらいましたが、僕は25万円払って商品を試すことを決断。

 

お金がなかったのでアコムで借りてきました。

 

賛否両論あると思いますが、ここまでは問題無かったのではないかと。

 

ビジネスをスタートするなら多少のリスク・投資は必要ですし、自社の製品を知らなければ販売も勧誘もできないわけで。

 

しかし問題はここから。

 

次月売り上げを達成できず 再び自分で商品を購入

 

初月のノルマを達成した僕は一緒にビジネスをやってくれる人を探し周ります。

 

しかし「怪しい」「忙しい」などの理由で断られ続けます。

 

やってくれそうな人を何人かセミナーに連れて行きましたが、結局その月は誰一人見つけられませんでした。

 

刻一刻と迫ってくる期限。

 

もし売り上げ達成できなければ代理店の道は振出に戻り、初月で払った25万円がパーになる。

 

そんな時僕を誘った友人(ネットワーク業界ではアップと言う)がひとこと

 

「よし、今月も自腹で切り抜けよう」

 

「マジか、、」

 

散々悩みましたが結局この月も自腹で切り抜けます。

 

そして借金地獄のスタート。

 

今振り返るとこの時もう少し自分の意志で考える力があれば、、と悔やまれます。

 

借金を何回かしていると感覚が麻痺します

 

アコムのカードを持っていると驚くほど簡単にお金が借りられます。

 

カードを差し込むだけで現金が出てくる。

 

まるでATMの様な感覚。

 

借りているお金なのに自分のお金のように錯覚します。

 

僕は事あるごとにお金を借りる様になってました。

 

借金はまたたく間に200万円に。

 

結局ビジネスの方も鳴かず飛ばずで、2年で諦めることになります。

 

成功する人間は一握り

 

ネットワークビジネスで成功できる人間は本当に一握りです。

 

めちゃくちゃ難易度が高い。

 

逆にこの道でトップの人間は何やっても成功しそうなカリスマ性に溢れた人たちばかりでした。

 

友達は確実に減る

 

「ちゃんと伝え方を考えれば友達は減ったりしない」なんて言われましたけど、間違いなく友達減ります。

 

電話でなくなった人沢山いますからね。

 

悪い噂ってすぐ広まるんです。

 

悪いモノではない

 

ネットではよく悪質な宗教みたいな感じで広められますけど、ビジネス自体は悪いもんじゃないです。

 

製品もすごく良いですし。

 

ただやる人間のマナーとモラルの問題やと思います。

 

僕のグループは残念ながらいわゆる「買い込みグループ」という状態に陥り壊滅しました。

 

一緒に頑張ってた人間はほとんど借金背負って辞めていきました。

 

残念な事です。

 

しっかり運営しているところも中にはあると思います。

 

まとめ

 

僕自体はネットワークビジネスを肯定も否定もしません。

 

借金抱えたのも全部自己責任やしね。

 

ええ経験になったし、今でもあの時教えられた考え方とかは役に立ってる部分もあります。

 

ただ、周りに流されるがまま金借りたりズルズル続けてしてしまったのは反省。

 

ちゃんと自分の意志を持って判断すべきやった。

 

「自分の頭で考えよう」ってことやね。

 

やろうか迷ってる人は、止めはせんけどこういうリスクも付きまとうという事をちゃんと知って、自分の頭で判断して欲しい。

 

以上!!