ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えはLINEモバイル一択

スポンサードリンク







今までdocomo系列の電波しか使えなかったLINEモバイルが2018年7月2日からソフトバンクの電波も使用できるようにりました。

 

LINEモバイルは同年1月にソフトバンクに買収されたので当然の流れですね。

 

ソフトバンク系列の格安SIMは選択肢が少なく、かつ微妙だったので格安SIMへの乗り換えは新しくスマホを買い替えて、docomo系の格安SIMへの乗り換えがベストな選択でした。

 

LINEモバイルが使用できるようになり、ソフトバンクからの乗り換えはほぼLINEモバイル一択でしょう。

 

LINEモバイルのメリット

 

格安SIMで唯一LINEの年齢認証ができる

 

格安SIMは圧倒的にスマホ代金が安くなるのですが、様々ばデメリットも存在します。

 

その代表的なものの一つがLINEの年齢認証ができない事。

 

回避する裏技も存在するんですけど、ちょっと面倒くさいんですよね。

 

LINE MOBILEは唯一(正確にはY mobileもやけど僕はY Mobileは格安SIMと思っていません)年齢認証ができる格安SIMです。

 

LINEでのメッセージ・写真・動画・通話のデータ通信が無制限

 

LINE上で行う送受信のデータは使用データにカウントされない。

 

どれだけ使っても使用制限がかかる事がないのである。

 

LINE上でLIVE動画を配信できるサービスLINE LIVEのストリーミング動画は対象外(僕は使ったことない)。

 

Twitter・facebook・Instagramなど主要なSNSのデータ通信も無制限

 

平均してスマホの通信データの30%はLINE・twitter・facebook・Instaframに使用されているらしい。

 

LINEモバイルは主要なSNSのデータ通信は使用データにカウントされないので使い放題。(LIVEストリーミング動画は対象外)

 

さらにデータを使い過ぎて速度制限が掛かった時も主要SNSの通信だけは制限を受けないという優れもの。

 

速度も安定

 

今のところdocomo・Softbank・auの大手キャリア使っていた頃と変わらない使用感。

 

大手はやたら速度の速さにこだわるけど、実際使ってて5mbpsくらい出ればyoutubeの動画であっても、十分快適に見れるんですよね。

 

プラン・料金

 

料金は他の格安SIMとほぼかわらず。

 

データのみのプランはありません。

 

 

格安SIMってもうLINE MOBILE1択で良くない?

2018.05.08

 

ソフトバンク系の他格安SIM会社は微妙

 

では、他のソフトバンク系列の格安SIMの会社はどうでしょう?

 

Ymobile

 

最大のメリットはソフトバンクとほぼ同速度が出る事。

 

格安SIMの中では最速キャリアの1つ。

 

しかし、他の格安SIMキャリアに比べて料金が高い。

 

 

速度重視ならアリだが、そもそも5mbpsくらい出ていれば動画視聴も問題無いのでそこまでの速度は要らないというのが僕の考え。

 

b-mobile・U-mobile

 

この二つのキャリアは値段こそLINEモバイルと同程度であれ、速度面に不安が残ります。

 

b-mobileは一度使用した経験がありますが、あまりの遅さにすぐに解約しました。

 

僕が契約したのはdocomo系の電波だったが、恐らくソフトバンク系であっても同じ。

 

U-mobileもいろいろな口コミを見ているがあまり速度面で期待できなさそうです。

 

この2つは候補から外す方が無難かと思います。

 

NUROモバイル

 

最後に関東圏のインターネット会社NURO光の格安SIM「NUROモバイル」

 

こちらは速度はそこまで悪く無さそうです。

 

しかし、目立ったサービスも無いのでLINEモバイルに勝てる要素が無い、というイメージです。

 

結論

 

ソフトバンクから格安SIMの乗り換えはLINEモバイルをオススメします。

 

格安SIMってもうLINE MOBILE1択で良くない?

2018.05.08