ツイキャス等のLIVE配信を高音質で配信したい人の為のおすすめ機材

スポンサードリンク







どうもこんにちは。さんだーおじさんです。

 

今日はツイキャスで使う機材についてお話したいと思います。

 

まあ極論PCに備え付けのマイクでも可能なのですが、今回はより高音質での配信を目指している方向けの記事になってます。

 

予算が上がるほど高音質で使いやすくなってるので、お財布と相談しながら選んでもらえればと思います。

 

松コース 金額3000円~ ECM-PCV80U

 

 

 

一番安くで済むのがこちら。

 

3.5mmピンジャックで接続するタイプ。

 

音もそこそこ。

 

マイクの入力ポートのあるPCでないと使えない。

 

竹コース 15000円~ Blue Micro Yeti USB 2.0

 

 

有名youtuberもこうさんやけんきさんなども使用しているマイク。

 

USB接続。

 

一人で喋る単一指向性・複数で喋る無指向性など4パターンに切り換え可能。

 

弱点はPCの音をMIXさせる事がwindowsの標準ステレオミキサーでできない為、コラボやるのに不向き。

 

このマイクでコラボ配信をしたいならOBS STUDIOなどの配信ソフトを使って、SkypeやLINEでコラボするなどの工夫が必要。

 

梅コース 40000円~ オーディオインターフェイスを使用する

 

予算に余裕があるならオーディオインターフェイを使う方法をオススメします。

 

オススメはZOOM UAC-2。

 

 

USB3.0の出力に対応しているので音の遅延が少ない優れもの。

 

LIVE配信以外にもPCを使ってギター練習やレコーディングにも活躍してくれます。

 

オーディオインターフェイスを使うメリット

 

1 高音質なマイクが選びたい放題

 

高音質なマイクは通常XLRケーブルというケーブルで接続する為PCには繋げません。

 

しかしこのオーディオインターフェイスを使えばUSBに変換してくれるので、プロ御用達の高音質マイクが選び放題。

 

2 ステレオミキサーが高性能で設定が簡単

 

ツイキャスをやろうとして最初に苦労するのが、音が出ない・ハウリングする・やまびこが返ってくる・コラボしている人の声が聞こえない等の音のトラブル。

 

こういったトラブルの多くはwindowsのステレオミキサーが非常に使いにくいのが原因なんですよね。

 

ZOOM UAC-2のステレオミキサーを使えばそういったトラブルも少なくなります。

 

例えばツイキャスのコラボ配信や、ゲーム実況・BGMを流そうとする時。

 

ツイキャスの音声入力はソースが一つしか選べないので、マイク音とPCの音をミックスさせなければなりません。

 

しかしwindowsのステレオミキサーはそもそも搭載されていないPCがあったりなかったり。

 

OBS STUDIOという配信ソフトで配信すればステレオミキサー機能も兼ねているのですが、これを使うと今度はツイキャスのコラボ機能が使えなくなる。

 

しかし、ZOOM UAC-2のLOOPBACK機能を使えば一発で解決。

 

設定はLOOPBACKのボタンをワンクリックするだけ。

 

 

マイクの音声とPC音をMIXして配信が可能なのでツイキャスのコラボ機能もゲームのLIVE実況も可能です。

 

他にもマイクとPC音を細かく調整・コーラスなどの音響もチャンネル毎に選択可能。

 

これが全てPCのアプリ上で操作できます。

 

オススメ コンデンサーマイク

 

audio-technica AT2035

 

 

価格が比較的安く音質も上々。

 

amazonレビューがオール4or5と超高評価のコンデンサーマイク。

 

コスパは最強。

 

SENNHEISER MK4

 

 

僕が勢いで買ったコンデンサーマイク。

 

プロ級のクオリティが低価格(って言っても30000円オーバー)で手に入る。

 

価格よりも音を優先する人にオススメ。

 

それでは実際に松コースと梅コースでどれくらいの違いがあるのかを検証したいと思います。

 

松コース ECM-PCV80U

 

 

梅コース MK4

 

 

いかがだったでしょうか?

 

やはり30000円オーバーのMK4は音のクリアさが違う、、というのが僕の感想です。

 

それではみなさん、素敵なツイキャスライフを!!