仮想通貨のリスクとセキュリティ対策をまとめてみた。

スポンサードリンク







どうもこんにちは。さんだーおじさんです。

 

先日コインチェックがハッキングされ、なんと580億円の仮想通貨が盗まれる事件が世間を賑わせました。

 

今回はコインチェックは被害に会った顧客に現金(日本円)で保証する様ですが、2014年には同じく仮想通貨の取引所マウントゴックスが114億円のビットコインをハッキングされ倒産。

 

関連記事

 

利用者の預けたビットコインは戻ってきませんでした。

 

仮想通貨は非常に魅力のある投資対象ですが、そういったリスクがある事もしっかりと認識しておかないといけません。

 

元セキュリティソフト販売員が仮想通貨のリスクとそれに対するセキュリティ対策をまとめてみました。

 

脅威1 取引所の倒産・ハッキングのリスク

 

コインチェックやマウントゴックスの様に取引所がハッキングを受ける事があります。

 

この場合盗まれた仮想通貨は戻ってこないリスクが考えられます。

 

また、ハッキングやその他の事情により取引所を運営する会社が倒産する事も考えられます。

 

この場合、取引所に預けておいた仮想通貨や日本円が戻ってこないケースが考えられます。

 

こういったリスクの対策として以下の方法が考えられます。

 

仮想通貨の保管場所を分けておく

 

仮想通貨の保管場所は、大きく分けると取り引き所・自分のPC(ウォレット)・ハードウォレットの3つ。

 

それぞれ一長一短あるんで、一概にどれがベストとは言い切れません。

 

取り引き所に保管するメリット・デメリット

 

セキュリティはしっかりしてるけど、ハッカーの標的になりうる。また取引所が倒産等するリスクがある。

 

取引所は手数料の問題もあるのですが、長期保有を考えてるなら一つの取り引き所よりも複数の取り引き所に預ける方が安全。

 

自分のPC(ウォレット)に保管

 

自分のPC(ウォレット)に保管しておくと、取り引き所が倒産してもビットコインが無くなってしまう事は無い。

 

ハッカーにも狙われにくい。

 

しかし、セキュリティ能力自体は取り引き所のそれよりも劣る為、狙われてしまうと防ぐのは困難。

 

またPCが壊れてしまった時に、復元が困難になってしまうリスクもある。

 

ハードウォレットに保管

 

この方法が現状一番セキュリティが高いと思われる。

 

ハードウォレットはそれ自体をネットワークから隔離して保存できるので、ハッキングのリスクが極端に減る。

 

しかし盗難・紛失のリスクが付き纏う。格も高い等のデメリットがある。

 

盗難・紛失の対策は後述する脅威その3 PC・ハードウォレットの故障・紛失を参照してください。

 

 

脅威その2 パスワードが流出 不正にログインされ仮想通貨を盗まれる

 

こういった被害も後を絶ちません。

 

多くの場合は被害にあった方のセキュリティ対策不足が原因となっています。

 

取引所の送金は二段階認証を設定しておく

 

基本中の基本にして最も重要。

 

これをやるだけでセキュリティ効果がググ~っと上がります。

 

2段階認証っていうのはサイトで設定されたパスワード+もう一つのパスワードを設定する事。

 

一般的なのは自分の電話番号宛にパスワードが送られてくるSMS認証。

 

基本、携帯電話を盗まれない限りパスワードが破られる事はありません。

 

パスワードはサイト毎にバラバラに。

 

パスワードを一緒にしていると、1つのパスワードが盗まれてしまうと他のサイトもログインされ、被害が拡大しちゃいます!!

 

かと言って全てバラバラにするのは非常に煩わしい。

 

僕は重要なサイト(銀行や取引所)のみパスワードを分けてます。

 

セキュリティソフトを入れよう

 

PC・スマホにセキュリティソフトを入れておこう。

 

PCがトロイの木馬等のウイルスに感染してしますとパスワードが流出する恐れがある。

 

セキュリティソフトはセキュリティの能力の強い物を!!

 

【比較】元セキュリティソフト販売員が格安のおすすめソフト教えます

2017.04.11

 

安全な場所にパスワードを保管しておこう

 

パスワードをクラウドに保存しておくのはNG。

 

セキュリティが甘く突破されやすいから。

 

紙に書いても良いが、紛失・盗難のリスクがあります。

 

僕はセキュリティソフトのファイル暗号化機能を使って保管してます。

 

脅威その3 PC・ハードウォレットの故障・紛失

 

自分のPCのウォレットやハードウォレットに仮想通貨を保存している場合、故障で仮想通貨が取り出せなくなるリスクが考えられます。

 

また盗難に会う可能性も考えらます。

 

対策として、ウォレット作成の際に発行される秘密鍵(シード)を大切に保管しておきましょう。

 

これさえあれば盗難・故障で取り出せなくなった仮想通貨をべつのウォレット・ハードウォレットに移動させる事が出来ます。

 

セキュリティ対策をしっかりして仮想通貨を守りましょう。

 

以上、さんだーおじさんでした!!