世の中いろんなフェチがいる。彼女欲しかったらまず出会いを増やそう

どうもこんにちは。サンダーおじさんです。

 

僕は昔全くモテず、21年間童貞でした。

 

何としてでもカワイイ彼女が欲しかった僕は必死に努力します。

 

21年間童貞だった僕に初めての彼女が出来るまで 非モテの彼女の作り方

2017.04.28

 

オシャレに気を使い、最低限の見た目を維持。ガリガリの虚弱体質を改善する為に工事現場でバイト。

 

しかし、体重は42kgから52kgまで増やしたのですが、相変わらず見た目は華奢なままでした。

 

これ以上見た目を向上させるのに限界を感じた僕は、とにかく出会いの数を増やすという行動に出ます。

 

すると、意外にも向こうから言い寄られたりという事がでてきたんです。

 

自分磨きも大事やけど、まずはとにかく出会いを増やそうという話。蓼食う虫も好き好き。世の中いろんなフェチがいるのですよ。

 

友達の紹介で知り合ったA子ちゃん

 

ある日、友人から合コンの誘いがありました。しかし予定が重なってしまい、この誘いを断ります。

 

後日、その友人からまた電話が。何でも、合コンの際に僕の話をして「興味がある。会いたい」と言っている娘がいるらしい。

 

こんな経験は初めてだったので、最初友人の悪戯だと思っていたのですが、どうやら本当のよう。

 

何でもA子ちゃんの好みは「色白のヒョロっとした人。好きな芸能人は小室哲哉」らしい。

 

友人を介して連絡先を交換。しばらくはメールのやりとりでしたが、遂にデートの約束をします。

 

待ち合わせは地元京都の河原町。15分遅れで到着した彼女は、ちょっとぽっちゃりな、小柄な女の子。

 

大っきなホクロがちょっと気になったけど、パッチリお目目の可愛らしい女の子でした。そしてFカップ。

 

「初めまして~。緊張する~。」と笑う彼女。そのまま居酒屋さんで食事。この時、僕は初めて「モテてる男の世界」というのを経験します。

 

何を言ってもA子ちゃんは愛想良く笑い、僕に気を使ってくれる。めっちゃイージーモード。これがモテるって事か。

 

世のイケメン男性は、毎回こんな感じなん?楽し過ぎやで~。

 

食事の後は河原町をブラブラ。あまり抵抗も無く手を繋ぎ、川辺に腰かけ、肩を寄せ合ってそのままキス。

 

めでたくお付き合いする運びとなります。その後仕事が忙しくてほとんど会えず、3か月で別れてしまうのですが、、

 

ダイビングショップで知り合ったB子さん

 

僕はダイビングショップにいた頃、アンケート営業を装いナンパをするという、なんとも不届きな事をやっていました。

 

転職したら童貞卒業して彼女ができた話

2017.11.28

 

その時に出会ったB子さんは、僕の事をめちゃくちゃ気に入ってくれてました。

 

細見で色白お姉さん系の美人。天然っぽい舌足らずなしゃべり方が可愛らしかった。

 

実は彼女、新婚さんだったんですが、全然構う様子は無くガンガンアプローチしてきました。

 

当時僕はお金が無くて生活に困窮していたので、デートのお金は全て彼女持ち。

 

B子さんは美人だったので、職場のマッチョな上司に襲われそうになったりもしたのですが、断固拒否。

 

彼女はマッチョがめちゃくちゃ嫌いでした。

 

B子さんとは彼女が出来たタイミングでお別れしたのですが、いろいろ良くしてもらいました。感謝。

 

最愛の奥さん

 

その後も職場を転々とした僕は、遂に運命の女性と出会います。

 

それは今の最愛の奥さんでした。

 

奥さんは別にガリガリ好きでもないんですが(マッチョは嫌いやけど)何故か僕の事を本当に愛してくれました。

 

一度「僕のどこがそんなにええの?」と聞いたら「ひょきんなとこ」と言ってました。

 

後にも先にも人にこれ程愛される事は無いでしょう。

 

まとめ

 

で、結局何が言いたかったというと、この世の中にはいろんなフェチがいて、出会いを増やせばそういう人に出会う時もあるよって事。

 

オシャレして、体鍛えて自分を磨くんも大事やけど、限界があるからね。

 

だからほんまに彼女が欲しかったら、自分を磨くのはある程度にして行動が大事。

 

ナンパ・出会い系、出会える職場を渡り歩くのも良いと思う。

 

以上、サンダーおじさんでした。