初めての革細工 入門編 独学で革細工を始めよう

スポンサードリンク







※この記事は外注ライターとりっぴいさんの記事です。

 

今回は、革細工、レザークラフトの指南をさせていただきたいと思います。
でもその前に少しだけ、私が革細工に始めた理由を少しお話ししたいと思います。

 

 

私が革細工を始めたの理由

 

 

1つは、これだ!!とおもえるようなグッとくる定期券入れが見つからず、自分でちょうど良いものを作ろうと思った、ということですね。下は僕が作った定期入れです。

 

 

dsc_4420

 

 

ありそうで、なかなかないでしょう!?

あと、名前入れたかったんです。名前入れるとなると、高くつきますからねぇぇぇ、、、

 

 

dsc_4421

 

 

それが!!自分で作れば、欲しいデザイン、欲しいサイズ、名前も入れて、1000円もかかりません!

 

 

もうひとつは、サイズぴったりの筆箱が欲しかったんです。 私は昔からロールペンケースを使っていたのですが、収納する時がめんどくさかったんです。どれだけペンが収納されるか、作り手は予測できないので、ボタンでとめる、みたいなワンタッチではなく、ヒモでくくらなきゃダメなんですよ、、

 

 

dsc_4419

 

 

もうめんどくさくてめんどくさくて。そこでおもいついたのが、自分で作ればいいやん!!と。どんなペンをどれだけどれだけ入れるか自分はわかってるので、ピンポイントで止めれるボタン型のロールペンケースが作れるんです。

 

 

それに、定期券の時と同じように、すきなデザインで作れます。ロールペンケースって、落ち着いた無地のデザインばっかりで、派手なのがなくて、、周りからは、キャバクラみたいな色使いやけど、なんかいいわぁ、と微妙なほめられ方をしていますが(爆笑)

 

 

dsc_4423 dsc_4424

 

 

という訳で、私と同じ様に革細工を始めようと考えておられる方に、簡単な革細工のやり方をご紹介していきます

 

 

まずは簡単な名刺入れから作ってよう

 

 

最低限必要な道具 

 

1 アイスピックなど先の尖ったもの 

 

2 針 

 

3 はさみ

 

 

簡単なものなら、そんなにお金はお金はかかりません。 最初に紹介した定期券レベルを作るなら、特に革用である必要はありません。革ははさみで切り、アイスピックで革に穴をあけ、布用の普通のはりで縫う、とても手軽です。革だと考えるから難しく思ってしまうだけで、簡単な作品なら、布を縫うのとそんなに変わりません。

 

 

材料となる革を用意しよう

 

 

道具にしろ材料にしろ、革細工を始めるならまずはAmazonか東急ハンズです!!

でも、革ってお金かかるイメージですよね。たしかに、ロールで買えば高いです(笑)

 

 

dsc_4415

 

 

でもAmazonや東急ハンズでは、革の切れ端が非常に安く詰め合わせで販売されています。まずはこの様な安い革を買い、小さな小物を作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

dsc_4418

 

 

[amazonjs asin=”B01M0UMTA3″ locale=”JP” title=”【はぎれ】ヌメ革の端革詰め合わせ 300g レザークラフト・革小物の練習に (ミックス)”]

 

 

糸は革専用の物を使う

 

 

もう一つは、糸。革専用の糸があります。糸はけちらず革専用を買うべきです。革製品には耐久性が必要ですし、何より革専用の糸は縫いやすいんです!!表面がプラスチックや蝋でコーティングされており、滑りが良くなってるんです。それに、普通の糸だと実際切れますしね(笑)

 

[amazonjs asin=”B008ADKJKA” locale=”JP” title=”フジックス MOCHITE (モチテ) 【持ち手・レザー用手ぬい糸】 10m col.黒”]

 

 

実際に作品を作ってみましょう!!〜名刺入れ作成手順〜

 

 

最初ということもあり、非常に単純な名刺入れを作ってみましょう。

 

 

1 革の切断

 

 

まずは革の切断です。本来は、革専用の包丁を使いますが、薄い革ならはさみでも問題ないですし、カッターを使えばよりよく、まず問題ないでしょう。私は完璧に切断するために、紙の切断機を使っています。会社とかにある、大量の資料などをまとめて切るやつです。ただ、今回はできるだけ縫う範囲を狭くするために、半分に折ることによって下の辺を縫うのを略しましょう。

 

 

ちなみに名刺入れの場合、名刺自体が55×91mmなので、袋型にするために、裏表繋げて110×91mm、実際の切断は両端それぞれ10mm、縦に下だけ10mmプラスで、120×111mmぐらいです。

 

 

dsc_4425

 

 

2 縫い針を通す穴の目印を付ける

 

 

次は穴をあけます。両端、端から4ミリぐらいに線を引き、ガイドを作りましょう。両端だけです。

※ 写真の革は予算削減の為、2分の1のサイズで作成しております。ご了承下さい

 

 

dsc_4426-2000x1125

 

 

 

間隔は、3mmや4mmが一般的なのですが、今回は3mmの間隔で穴をあけました。ガイドの上に、3mmごとに目印の点を打ちましょう。両端、半分まででいいです。

 

 

dsc_4427-2000x1125

 

 

 

3 縫い針を通す為の穴を開ける

 

 

つぎに、裏向きに折りたたみます。

 

 

dsc_4428

 

 

ずれないように、印を付けた所を一つずつ、アイスピックで二枚まとめて穴をあけます。革に対して垂直に穴をあけるように心がけましょう。このような作業が面倒なら、いい道具(菱目打ちといいます)があるので先を読み進めてください。

 

 

dsc_4429

 

 

今度は表を向けて折りたたみ、形を付けるために、半日ほど辞書などを載せておいておきましょう。 形が付きましたね。

 では早速、縫っていきましょう!! 普通の針でたるみなどを作らずにきれいに縫うために、私は二本の針で同時に縫います。

 

 

まずは糸の両端に針をつけて、一番端の同じ穴に、両側から針を差し込みます。針は4cmぐらいの短針をお勧めします。同じ穴に両端から針を差し込むので、太くて長い長針じゃなくて細くて短い短針の方がいいと思います。

 

 

dsc_4430 dsc_4431

 

 

左側の針を上にして、クロスさせます。

 

 

dsc_4433 dsc_4434

 

 

そのまま引っ張り、これを繰り返していきます。

 

 

dsc_4435

 

 

この様な縫い目になるはずです

 

 

dsc_4436

 

 

最終的にこの様な形になります

 

 

dsc_4460 dsc_4462

 

 

3 ボタンを付けてみよう

 

 

ボタンを付けれるようになると、作品の幅がかなり広がります。最初に作った名刺入れも、ボタンを付けると出来栄えがかなり変わります。

 

 

dsc_4458 dsc_4459

 

 

ボタンの付け方

 

 

では、さっそくボタンの付け方について説明します。

まずは、道具です。ボタンを付けるための下地の穴を開ける道具です。

 

[amazonjs asin=”B00RNQW8YA” locale=”JP” title=”レザークラフト 12本セット 穴あけ ポンチ 工具 ハトメ抜き 収納 ケース 付”]

 

次に、ボタンと、ボタンを付けるための工具です。

 

[amazonjs asin=”B01CBR9RIA” locale=”JP” title=”ホック打ち 4種類のバネホック 穴あけポンチ 打ち台 セット ケース付 (アンティークゴールド)”]

 

1 まずは穴をあけます。

 

 

最初に紹介した、穴あけポンチという道具を、穴をあけたい場所の上に置き、金づちで打ち抜きます。

 

dsc_4442 dsc_4443

 

 

穴が開きます

 

dsc_4446

 

 

2 ボタンを付けます

 

 

ボタンは、雄雌それぞれ、裏表に分かれており、四つの部品で一組になっています。

 

dsc_4447

 

 

ボタンを取り付ける時に使うのがホック打ちです

 

dsc_4451

 

 

ホックうちをうえにのせ、これも金づちで打ち抜き、二つをくっつけます。

 

dsc_4448 dsc_4449

 

 

このあたりは、付属する説明書をご確認いただく方がいいかと思います(笑)

 

dsc_4450

 

 

もっと本気でやりたい方は…

 

 

工具の購入をお勧めします!!専門の工具を買えば、より簡単に美しく工作を行うことができます。革用の針、糸まで買うのなら、菱目打ちも買いましょう!!菱目打ちとは、革に穴をあける専用の工具です。これによってあく穴は、アイスピックで開けられたようなマルではなく、縫いやすくするために斜めに穴が開くようになってます。

 

 

革の縫い方として最も一般的なのは、斜め縫いという縫い方なのですが、これはこの菱目打ちがないとできません。

 

 

dsc_4439

dsc_4440

 

 

[amazonjs asin=”B00KZMVIWC” locale=”JP” title=”レザークラフト 道具 工具 菱目打ち 4本 セット 4mmピッチ”]

 

 

アイスピックの時と同じように、ガイドのラインは引きますが、その上に刃を合わせて、金づちでたたきぬくだけです。

 

 

dsc_4455 dsc_4456

 

 

金づちでゴンとたたくだけで一気に四つも穴があけられるので本当にいいです。

アイスピックと段違いの楽々さで、個人的にはできるだけ早めに購入することをお勧めします。

 

 

縫い方は先ほどのアイスピックのときと全く同じです。

 

 

最初に作成例として挙げていた筆箱も、この斜め縫いで作成しています。ただ、ほかにも使っている技術があります。レース縫いです。

 

 

 

dsc_4424

 

 

ただ、レース縫いはかなり難しいのでまたの機会にさせていただきます。

 

 

以上です!! お疲れさまでした!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA