『Softbank Air』のメリット デメリット 注意点

  『Softbank Air』のメリット デメリット

 

      もし、フレッツのエリア外や、プランが旧プランの『プレミアム』しか導入されていない場合は大型の無線ルーター、『softbank Air』を導入する事も可能です。    

  

softbankの4Gを月の使用制限、無制限(ただし、3日で1GB制限有り)で使用できる。下り最大(110mbps)     s

  

oftbankの4Gのエリアはこちらでご利用頂けます。    

 

光回線よりは速度は落ちますが、導入条件から外れた方で、それでも『softbank』の『スマートバリュー』を受けたい方は料金的なメリットは大きい

 

メリット

 

softbankの『スマートバリュー』を受けられる

 

    softbank光と同等の『スマートバリュー』を受けられます

  

ただし、『スマートバリュー』を受けると、2年間受けられるはずの『基本料金500円値引き』が受けられなくなります

  

『スマートバリュー』を受ける=通常よりsoftbank Airの回線の料金が500円高くなります

 

工事が不要

 

    工事が要りません。契約を済ませて『softbank air』を持ち帰ればインターネットに接続できます

  

初期費用が安い

 

    事務手数料3240円(税込)しかかかりません

  

デメリット

 

光回線と比べると、回線が遅い、不安定

 

    無線ルーターですので、使用環境により、電波の入り易さや速度にはバラつきがあります。

  

最悪、ほとんど繋がらないという場合もあります。事前のテストもできませんし、2年以内に解約すれば解約金が発生するリスクもあります

 

一度契約すると解約がしにくい料金体系

 

    恐らく、解約されにくい様にしてあるんでしょうが、料金体系がややこしく、解約しにくい不親切なモノになっていると感じました。詳しくは下記の『注意点』でご紹介しております

 

softbank光と違い、フレッツ光からの『転用』はできず、解約しなければいけない

 

    フレッツ光とは全く別の回線になりますので、フレッツ光からの転用は不可です

 

 注意点

 

料金体系が非常にややこしく、解約しにくい

 

    料金プランは基本の月額料金が4315円(税込)ですが、『softbank air』本体をレンタルされるのか、分割でご購入されるかで月額は変わってきます。    

  

もし、レンタルの場合は4315円(税込)に+レンタル代金530円(税込)の4525円(税込)が月額料金になります。(2年間)    

  

一方、分割で購入する場合は、2年間4315円(税込)+本体の分割代金1404円(税込)がかかってくるのですが、本体を分割購入する場合、softbankから『月々割』という割引が月額1404円(税込)受けられるので、実質無料で本体が購入でき、尚かつレンタルよりも月額料金が安い、月額4315円(税込)で使用できるのです。(2年間)    

 

一見、分割で購入する方がおトクに感じるのですが、ここにカラクリがあります

 

この本体の分割は36回×1404円(税込)の3年間かけて行われ、月々割も同様に36回×1404円(税込)の3年間受けられます。    

 

もし、支払いの途中で解約した場合、残月分(36-使用した月)の本体代金を一括で支払わなくてはなりません。    

  

対して、『softbank air』の契約年数は2年間であり、解約月(契約して丁度25ヶ月目)に解約しなければ解約金10260円(税込)を支払わなければなりません。    

   

つまり、2年経ち契約が満期になった場合に解約しても、『softbank air』の残り代金1404円×12=16848円を支払わなければいけませんし、『softbank air』の本体代金を支払い終わった3年後に解約しても、解約金10260円を支払わなければなりません。    

  

ただ、『softbank』や『Y mobile』のスマホを複数台ご契約の方は、十分に検討に値すると思いますので、上記の注意点を吟味しえご検討される事をオススメ致します