ルンバ654 修理・分解完全マニュアル 充電できないを自分で修理

 

どうもこんにちは。ロボットが面倒くさい事を全てしてくれる未来を夢見ている、当ブログの管理人サンダーです

 

そういうわけで、ついに我が家にもルンバがやってきました いつも通りジャンク品をヤフオクで購入。最初は順調に動いていたのですが、途中で充電ができなくなりました

 

ルンバは定期的にメンテナンスが必要な製品である

 

ルンバはそもそも定期的なメンテナンスを自分でやる事が前提で作られているそうで、amazon等でも消耗品等が多数販売されています

 

それではさっそく分解、修理していきたいと思います。ついで分解、メンテナンスのマニュアルも作っていきたいと思います

 

症状別 分解方法

 

[su_accordion][su_spoiler title=”充電できない バッテリーエラー5 トラブルシューティング” style=”fancy”]

充電できない バッテリーエラー5 

 

まずはトラブルの原因を探っていきます 

 

 ルンバをリセットする

 

この方法はかなり万能で、スマホの再起動の様なもの やり方も簡単なので、何か動きがおかしい時は最初にこれを試してみよう

 

ルンバ600/500シリーズのリセット方法

 

 電源を入れ、SPOTボタンを押したままDOCKボタン(510はDEMOボタン)を10秒間押し続けます。CLEANボタンが消灯すれば完了です

 

dsc_0224

 

音楽が流れると完了です この方法で直ったのであれば、ハードの故障では無く、プラグラムの部分、ソフトウェアの不具合だった可能性が高いです これで直らない場合は次に進みます

 

充電スタンドのアダプターを外して、ルンバ本体に直接差し込んでみる

 

アダプターを充電スタンドから本体に挿し替えます

 

dsc_3025

 

もしこれで充電できる様なら、充電スタンド、もしくはスタンドと本体の接触部分が疑わしいです 部分を掃除してみましょう 固く絞った雑巾で後から乾いた布で拭き取るか、不安な人は基盤に使用しても大丈夫なクリーナーを使いましょう 

 

それでも直らない場合、ホームベースの故障の可能性があります 新しいホームベースに交換する事をおすすめします

 

dsc_3027

 

 

 

アダプターを本体に直接差し込んでも充電できない場合、バッテリーもしくはルンバ本体の故障の可能性が高いです バッテリー周りの清掃もしくはバッテリーの交換を試してみます 部分を+ドライバーで外します 部分はストッパーがついていて完全には外れないので回し過ぎない様にしましょう

 

dsc_3028

 

カバーを取り外すとバッテリーが顔を出します 持ち上げるだけで簡単にとれます

 

dsc_3029

 

バッテリーを取り外すと裏から電極部分が見えます 今回はこの部分が原因だったらしく、綺麗に清掃すると直りました 固く絞った雑巾で後から乾いた布で拭き取るか、クリーナーを使いましょう 

 

dsc_3030

 

今回のケースはこれで直ったのですが、直らない場合はバッテリーを変えてみます ルンバのバッテリーの寿命はおよそ3年です 

 

 

[/su_spoiler][/su_accordion]

[su_accordion][su_spoiler title=”ゴミを吸わなくなった!! そんな時はダストボックス、フィルターのメンテナンス、交換を試してみよう” style=”fancy”]

 

ダストボックスの種類

 

500〜600番台のルンバのダストボックスには旧型の黄色いフィルターの物と新型の青いフィルターの物があります 青いフィルターのダストボックスの方が容量も多く吸引力も優れており、ペット等を飼っている場合はこちらが向いていると言われています 吸引力に不満を感じている方は一度ダストボックスの変更を試してみるといいかもしれません

 

 

 今回は青いフィルターのダストボックスの分解、修理手順になります 黄色のフィルターの場合は分解手順や交換するフィルターが異なるので注意してください

 

ルンバがゴミを吸わなくなった!! 

 

ダストボックス、フィルターのメンテナンス、交換を試してみよう

 

部分のスイッチを押してフィルターを取り外します

 

dsc_3037 dsc_3038

 

部分を+ドライバー(No1を使用)で外し、フィルターを分解します

 

dsc_3039 dsc_3040

 

部分のフィルター部分は部分の爪を押さえると外れます 水洗い可能なです 洗った後はよく乾かしてから取り付けましょう 周りは雑巾等で掃除してあげましょう 交換用フィルターはAmazonで購入可能です

 

dsc_3041 

 

 

部分を+ドライバーで外します

 

dsc_3042

 

3つのパーツに分解できます 部分のモーター部分を固くしぼった雑巾等で掃除してあげましょう 

 

dsc_3044

 

[/su_spoiler][/su_accordion]

[su_accordion][su_spoiler title=”ルンバ ブラシモジュール、車輪、サイドブラシモジュールの分解、修理、交換方法” style=”fancy”]

ブラシモジュールの交換方法

 

 

部分のネジを+ドライバーで外します ストッパーがついていて完全に外す事はできないので、ネジを回し過ぎない様に注意しましょう

 

dsc_3046

 

 

部分のストッパーを外すとブラシが取り外せる様になります

 

dsc_3047 dsc_3049

 

ブラシ部分は水洗い可能です ユニット部分はモーターがあるので、雑巾等で掃除しましょう もう少し分解してモーターや基盤も取り外せますが、あまりやる機会はなさそうです

 

 

車輪が回らない 車輪部分のメンテナンス・交換方法

 

部分のネジを+ドライバーで外します 

 

dsc_3056

 

すんなりと外せます ゴミ等がからまっている場合は取り除いてやります 駆動部分も分解できますが、恐らく複雑にギア噛みあっているはず よっぽど自信がある人以外はおすすめしません 

 

dsc_3057

 

 

ブラシモジュールの交換

 

部分を+ドライバーで外します 

 

dsc_3058

 

 

 

交換が必要なら新しい物と交換しましょう

 

[/su_spoiler][/su_accordion]

[su_accordion][su_spoiler title=”同じ場所をぐるぐる回る 別名ダンシングルンバはバンパーの回りが原因の可能性大 バンパー、スピード断崖、バンパーセンサーのメンテナンス・交換” style=”fancy”]

 

ルンバが同じ場所をぐるぐる回る 

 

ルンバの代表的な故障の一つに、同じ場所をぐるぐる回り、止まった後に9回ブザーが鳴る『9 Beeps Error』『ダンシングルンバ』などと呼ばれる故障があります

 

これらの多くはバンパーやセンサー部分にゴミが付着する事が原因で起こります 部分のバンパーを叩く もしくはバンパーと本体の隙間にエア・ダスターを吹きかけてみましょう

 

dsc_3055

 

それでも直らない場合、センサーの清掃、交換を試したいと思います 

 

バンパーの取り外し

 

部分のネジを+ドライバーで外します

 

dsc_3059

 

この時点ではバンパーはまだ外れてくれません 部分のネジを+ドライバーで外し、赤外線のセンサーをバンパーから取り外します

 

dsc_3034 dsc_3061

 

トップカバーの取り外し

 

裏返して部分の爪を−ドライバー等を隙間に差し込んで外し、カバーを開けます カバーを割らない様に注意しましょう

 

dsc_3064 dsc_3065 dsc_3067

  

部分のネジを+ドライバーで外します

 

dsc_3066

  

部分のフィルムをめくるとネジが顔を出します

 dsc_3070

  

部分のネジを外します

 

dsc_3072

 

メイン基盤の取り外し

 

メイン基盤が顔を出します 部分のネジを+ドライバーで外します 部分のコネクターを外します コネクター部分は引っ張るだけで抜けますが、ややデリケートなので、壊さない様にゆっくり外しましょう

 

dsc_3073

  

基盤を裏返します

 

dsc_3088

  

部分のスピードセンサーと部分の赤外線センサーのコネクターを抜いてスピードセンサーと赤外線センサーを取り外します

 

dsc_3089

 

この時点で赤部分の赤外線センサーが取り外し可能になります ルンバがホームに帰って来ない場合はこの赤外線センサーを交換してみましょう

 

dsc_3092-2000x1125

 

 

部分の前輪、部分の底面の充電の為の電極、のバンパー、断崖センサーに繋がっているコネクターを抜きます

 

dsc_3094

  

基盤を取り外します

 dsc_3095

 

バンパーのセンサーの取り外し、メンテナンス

 

部分のネジを+ドライバーで外します

 

dsc_3097

 

センター部分のバンパーセンサーは部分を+ドライバーで外すと内部の駆動部分が顔を出します 

 

dsc_3100

  

汚れている場合はエアーダスター等で部分を掃除しましょう

 

dsc_3101

 

 

サイド部分のバンパーのセンサーが取り外せる様になります 部分のラバーを剥がします

 

dsc_3102 

 

部分をエアダスターで吹いて埃を飛ばします

 

dsc_3103

 

バンパーセンサー 断崖センサーの交換

 

部分の断崖センサーを外します 

 

dsc_3104

 

透明のカバーに挿さっている状態なので、部分のセンサーとカバーの間に−ドライバ等を突っ込んでてこの原理で抜いていきます

 

dsc_3106 dsc_3110 dsc_3111

 

断崖センサーとバンパーセンサーは複雑に絡み合っているので一緒に外してしまいましょう amazonでも2つまとめて売られているので、交換の際も2つまとめ交換しましょう

 

dsc_3113

  

組み立て 

 

ばらした手順と逆に行っていくだけですが、注意点やわかりにくかった部分だけ抜粋してます

  

断崖、バンパーセンサーの取り付け

 

赤部分にそれぞれのセンサーを取り付けていきます 断崖センサーの配線の色は一番左 赤茶灰黒 左から2番目 白緑茶灰 右から2番目 白黄茶黒 白赤青茶です

 

dsc_3119

  

スピードセンサーの取り付け

 

スピードセンサーの取り付けに少し苦労したので載せておきます 4カ所の爪をくぼみにしっかり挿しこみます

 

dsc_3121

  

もう一つ、組み立てる際、ネジをしっかり閉めないと、ルンバはあまり作りが良く無いのでダストボックスがしっかりはまらなくなったりするので注意です

  

[/su_spoiler][/su_accordion]

[su_accordion][su_spoiler title=”前輪のメンテナンス” style=”fancy”]

前輪のメンテナンス 

 

前輪部分にゴミや髪の毛が絡まりとれなくなる場合があります 掃除してあげましょう

 

部分のネジを+ドライバーで外します 前輪が取り外せる様になります

 

dsc_3114

dsc_3115

  

前輪とプラスティックのカバーの間に−ドライバー等をつっこみ、てこの原理で前輪を引っこ抜きます

  

dsc_3118 

dsc_3117

 [/su_spoiler][/su_accordion]

  

ちゃんとメンテナンスしてあげて末永くルンバちゃんをかわいがって上げてください!!お疲れさまでした!!