初代DJI Phantomを自分で修理、分解する方法 

 

どうも、こんにちは。当ブログの管理人サンダーおじさんです。

 

普段全くゲームをしない妻が珍しくハマった『Pokemon Go』 アイテムが溜まりまくっていたので、『お香使ったらPokemon寄ってくるよ!』と教えてあげたら、妻は嬉しそうに本物のお香を焚きはじめました。

  

そんな愛すべき妻と、ささやかな生活を送っております

  

さて、とうもう、我が家にもドローンがやってまいりました。

  

この子は撮影半分、ブログのネタ半分のつもりで購入したので、初フライトよりも先に、さっそくバラして分解マニュアルを作りたいと思います!

 

※ 自分での修理分解はメーカーサポートが受けられなくなります。また、火災や感電、別の部位の故障や思わぬトラブルを引き起こす可能性もあります。全て自己責任で行ってください

   

難易度 ★★  普通

   

分解に必要な物

   

普通サイズの+ドライバー(No.2を使用) 

 

 

小さめのドライバー(00)を使用   

 

 

六角レンチ(2.5を使用) 

 

   

故障の原因を調べる

 

故障の場合、まずは機体のどこが悪いかを調べる必要があります 原因がわからない場合はドローンのランプの点滅の仕方である程度予想を立てる事ができます こちらのサイトで詳細を紹介しています

   

脚の取り外し

 

部分のテープを剥がし、部分のコンパスからコードを外しておきます 

 

dsc_0241      

 

コンパスのコードは引っ張ると簡単に抜けます 

 

dsc_0242    

  

部分のネジを普通サイズのドライバーで外し、部分の穴からコードを抜いて脚を外します DJI Phantomのネジはパーツ毎にサイズが違います 混ざらない様にしておきましょう ちなみにこの部分のネジは一番長いネジです 

 

dsc_0243  dsc_0244    

  

トップカバーの取り外し

 

赤部分を六角レンチで、青部分を小さめのドライバーで外します 

 

dsc_0247    

  

部分のテープを剥がします テープにはそれぞれ向きと長さが異なるので、再び貼る時は注意しましょう 

 

dsc_0248

 

この段階でカバーが半分開くのですが、コードが邪魔して完全には開いてくれません 少しわかりずらいですが、中央の部品に刺さっている部分のコネクターを外します 

 

dsc_0250

   

先ほど外したコンパスに挿さっていたコネクターを部分の穴から抜きます 穴が非常に小さく、嫌がらせの様に抜きにくいです コネクターを縦にして無理矢理押し込みます 壊さない様に注意  なんでこのパーツをここに通す様に設計したのか?と設計したやつをぶん殴りたくなりました 

 

dsc_0251

   

カバーを外します 

 

dsc_0252

   

内部が丸見えに!!意外とシンプルなんやなーという感想

  

GPSモジュールの取り外し

 

トップカバーの天井にある、灰色のテープを剥がします 

 

dsc_0288

    

GPSモジュールが顔を出すので、赤部分のネジを+ドライバーで取り外します 

 

dsc_0289

   

ケーブルの裏に隠れているネジがあるので、忘れずに外します ちょっと外しにくい 

 

dsc_0290

dsc_0292

    

モーターの取り外し

 

部分の六角レンチを外します カバー部分の六角レンチとサイズは一緒ですが、長さが長いので、間違えない様にしましょう 

 

dsc_0253     

 

裏側の基のネジを外します 部分のネジを小さめのドライバーで外します DJI Phantomのネジはパーツ毎にサイズが違います 混ざらない様にしておきましょう ちなみにこの部分のネジは一番細いネジです 

 

dsc_0254

 

もしモーターの交換ではなくボディの交換なのであれば下記のハンダは外さなくて大丈夫です

 

部分をハンダごてとハンダ吸いを使って外します モーター交換の注意点として、交換するモーターが時計回りなのか、反時計回りなのか、そして順番を間違えない様に注意しましょう 

 

dsc_0256

 

黒いキャップ、もしくはキャップを外した先端に黒い穴があれば時計回り(CW)、銀のキャップで黒い穴が無ければ反時計回り(CCW)です 

 

dsc_0262dsc_0263  

 

配線は時計回りならば中央から黒、反時計回りは先端側から黒となります 

 

dsc_0264dsc_0265

 

交換用のモーターはAmazonで手に入ります  

 

   

 

 

ボディの取り外し

 

部分の基盤部分のネジを外します この部分のネジは太さも長さも真ん中くらいのネジです

 

dsc_0258

 

部分のアンテナケーブルを外側から抜きます 

 

dsc_0259

   

ゴムのキャップで塞がれているのですが、押し込んでやると簡単に抜けます 

 

dsc_0260

   

部分Phantomの目玉部分の灰色の配線はゴム型の接着剤で強力にくっついています 無理矢理ひっぱると基盤が壊れます 

 

dsc_0268

   

カッターやニッパーで切り離しましょう 基盤を傷つけない様に、慎重に、怪我しない様に 

 

dsc_0277

  

切り離せたら目玉の基盤から灰色の線を外してやります 引っ張るだけで抜けますが、基盤部分が弱いので、変な方向に力が入らない様に慎重に抜きます 

 

dsc_0272

   

目玉のところから出ている4色の配線の部分配線のコネクターを抜きます 元に戻す時、挿すところいっぱいあって悩むかも LEDって書いてある所の一番上です

  

dsc_0275

  

外せました!! 

 

dsc_0278

 

目玉の取り外し

 

目玉の裏側にある部分のテープを剥がします 

 

dsc_0280

 

裏からネジが顔を出すので、赤部分を小さめの+ドライバーで外してやります このネジは一番小さいネジです これで目玉は外れます 

 

dsc_0283

 

全て分解できました!! 

 

dsc_0285

 

新しいボディに交換する際は、逆の手順で順番にパーツを付けていきます。ボディはAmazonで購入可能です 

 

  

以上です!お疲れ様でしたー