DIESELの腕時計の電池、ベルト交換を自分でやってみる

DIESELの腕時計の革ベルトを自分で交換してみた

 

 

 難易度 ★   超簡単

 

 

費用  4000円〜

 

 

必要なもの

 

 

時計用 バネ棒はずし

 

 

 

替えの時計バンド 今回は4000円程の安物を使用します

 

 

 

 

※ 自分での修理分解はメーカーサポートが受けられなくなります。また、火災や感電、別の部位の故障や思わぬトラブルを引き起こす可能性もあります。全て自己責任で行ってください

 

 

時計バンドの取り外し

 

 

今回修理する時計がこちら 高価なものではないのですが、妻に誕生日にもらった大切な物なので大事にしています 正規店に修理に出すと1万円近くかかる為、今回自力で修理します

 

 

DSC_0205

 

 

革バンドが無惨な姿に、、、

 

 

DSC_0204

 

 

ちなみに犯人はこの子です、、(本人は犯行を否定しております)

 

 

IMG_0215

 

 

時計バンドピンはずしを時計とベルトの間に差し込み、内側に向かって押し込みます

 

 

DSC_0207

 

 

とれました 赤部分のピンがバネになっていて、ピンはずしで押し込む事で引っ込む仕掛けになっています

 

 

DSC_0208

 

 

革バンドのとりつけ

 

 

今回購入した新しい革バンド 正規品と比べると革のクオリティは落ちますが、お値段を考えると及第点かと思われます

 

 

DSC_0209

 

 

革バンドの穴に付属しているバネ棒を差し込みます

 

 

DSC_0210

 

 

ピンはずしを使い、外した時と逆の容量で革バンドを取り付けます

 

 

DSC_0212

 

 

完成!!

 

DSC_0213

 

 

電池交換の方法

 

 

次に電池交換の方法をご紹介します

 

 

まずは裏蓋を外します ケースオープナーが必要になります 100均でも売られていますが、ディーゼル製の時計は裏蓋が大きくサイズが合わない場合があります

 

 

今回はAmazonで購入したケースオープナーを使用します

 

 

 

 

ケースオープナーの突起の位置を調節し、裏蓋のくぼみの部分に合わせます

 

 

 

反時計回りに回すと裏蓋が外れます

 

 

 

 

ケース内にある透明のカバーを外します 引っ張るだけで簡単に外れます

 

 

 

電池が顔を出すのでピンセット等で外してやります 矢印部分に引っ張ってやると外れます

 

 

 

 

新しい電池と交換します ボタン電池に型番が書いてあるので同じ型番の物を用意しましょう この時計の電池はSR626SWです

 

 

 

 

 

 

取り付けの時は少しコツがあって、電池を右側から入れる様にするとスムーズに入ります

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です