PS3 コントローラー デュアルショック3 が勝手に動く現象の修理、分解方法

※ 自分での修理分解はメーカーサポートが受けられなくなります。また、別の部位の故障や思わぬトラブルを引き起こす可能性もあります。全て自己責任で行ってください  

 

難易度 ★★★  普通

 

用意するもの

 

ヘアピンなど、先の細いもの

  

4e8864b63f391fd011e24cb20a494fd0_10686

   

細めの+ドライバー    

  

 

  

 PS3コントローラーをリセットしてみる

 

  なんらかの原因でシステム部分の不具合が発生し、コントローラーの異常が出ている場合、リセットをする事で解消されます  

 

DSC_0413

 

の部分のボタンをヘアピンなどの先の細いもので押します   不具合が解消されているか確認します   まだ解消されなければ次のステップに進みます  

 

 コントローラーを分解し、基盤との間にティッシュを詰める

 

PS3コントローラーの不具合で一番多い原因は使用により基盤部分とボタンの距離が離れすぎてしまう事です   秋版の裏にティッシュを詰る事で隙間を埋め、症状を改善します    

 

のねじを全て外します   なめやすいので、無理に力を入れず、回らない様であればドライバーを交換する事をオススメします    

 

カバーを開けます  

 

DSC_0435

 

部分にティッシュを詰めます  

 

DSC_0437 DSC_0438

 

 カバーを閉め、ねじを元通りに締めます

      DSC_0429   

  

LRボタンの部分がはまりにくく、ちょっとコツが必要です    

  

 LRボタン部分からはめ込みます

   

DSC_0453 

  

   もしLRボタンが誤って外れてしまった場合   1ボタンは問題無くはめ込めれるはずです   2ボタンはバネの部分が手前の突起に引かかる様にしてはめ込みます    

   

DSC_0456DSC_0451 

DSC_0454 

  

    動作をチェックして問題無ければ終了です   ついでにメンテナンスも行ったので記載していこうと思います  

  

3 バッテリーの取り外し

 

  DSC_0458    

DSC_0416

 

のソケットを抜きバッテリーを取り外します   若干固いので、ラジオペンチ等を使う事をオススメします  

 

4 フロントカバーの取り外し

 

DSC_0417 DSC_0418

 

  部分のねじを外し、フロントカバーを取り外します  

 

5 マザーボードとインプットボードの取り外し

 

 

の振動モーターを取り外し、インプットボードとマザーボードを分離します  

 

    DSC_0411 DSC_0412 

 

のマザーボードと振動モーターの接点が切れたりしない様に注意しましょう  

 

DSC_0409

 

マザーボードのアナログスティックは取り外して交換できます

 

DSC_0408

 

 

コントローラー部分の掃除

 

  コントローラー部分をばらしていきます

   DSC_0405

 

ゴム部分がへたってきて戻りが悪くなった場合は交換します

 

 

この部分は電子機器は無いので水洗いしても大丈夫です   歯ブラシなどで磨いてやります    

 

    DSC_0398

 

水分を完璧に乾かしたら元に戻して完成です!!

  

以上です。お疲れ様でした!

2 件のコメント

    • 承認遅れてすいません!!直ってよかったです!!